バイク査定

バイク査定に必要な書類について知っておこう

 

バイク査定に必要な書類

 

バイク査定に必要な書類は意外と数が少なく、まずどんなバイクでも
免許証や保険証、パスポートなど本人確認書類は必須で、
他はバイクの種類によって必要書類は異なります。

 

 

 

まず125cc以下なら標識交付証明書で、もし廃車しているなら
軽自動車届出済証返納証明書や廃車証の提出が必要で、
250ccを超えているなら自動車検査証が必要になり、250cc以上でも
廃車しているなら廃車証はもちろん必要です。

 

 

 

とにかく廃車しているならバイクのサイズに限らず軽自動車届出済証返納証明書
あるいは廃車証が必要で、大きさによって標識交付証明書や自動車検査証
用意しておけば他に必要になるものは特にありません。

 

本人確認書類があればOK

 

そして書類が無かったとしても、買い取り業者が再発行手続きをしてくれる事が
多いので万が一書類を準備出来なかったとしても買い取り出来る場合が
ありますので、書類を用意出来なかった時はその旨を伝えると良いでしょう。

 

 

 

という事で、バイク査定する時に絶対必要な書類は本人確認書類のみで、
廃車などの状況によって軽自動車届出済証返納証明書なども
用意しましょうという事ですね。

 

 

また、スムーズに査定をしたいならバイクを購入した時についてきた書類一式、
125ccを超えているなら自賠責保険納入証明書を用意し、カスタマイズを
しているならその点も伝えておくと良いです。

 

 

 

廃車を確認する書類や改造の有無を伝えるのはスムーズな査定をするにあたって
非常に重要なポイントなので、
廃車やカスタマイズをした人はそうでない人よりも
書類を用意する必要が出てくるはずです。

 

 

 

>>>バイク査定の価格について比較するためにはどうしたら良い?