バイク査定

バイク査定で業者間市場って知っている?

 

バイク査定の業者間市場

 

業者間市場というのは買い取ったバイクを業者同士で売買する市場の事を言い、
業者間市場というだけあって非業界人(一般人)は入り込めない
ごく限定された市場という世界です。

 

 

 

そして業者間市場がバイク査定にどう影響してくるかと言えば、実は買い取り業者は
独自の販売ルートで買い取ったバイクを売るというよりも、
業者同士で売るケースが多いというのが肝になります。

 

 

 

もちろん買い取り業者は買い取ったバイクを売る事で利益を上げるビジネスなので
「売る場所」が無いとビジネスは成立しませんが、この売る場所というのが
業者間市場なのです。

 

 

 

つまり業者はまずバイクを買い取り、それを業者間市場へ持ち込んで売る事で
利益を上げるというビジネスを成功させる訳です。

 

業者間市場が査定に影響する

 

という事は、業者間市場で高く売れるバイクは高く買い取ってくれるし、
業者間市場で評判の悪いバイクは買い取り業者もなかなか良い値では
買い取ってくれない訳ですから、

 

 

 

業者の間だけで成立している業者間市場はバイクを売りたいと
思っている一般人に強く影響するのです。

 

 

とは言え業者間市場でどのバイクがどういう評価を得ているのか、市場でどんなバイク
の在庫が過多になったり値下がりしているのか、それを一般人が見抜くのは
難しいですし、業者だけで成立している市場の動向を調べるのも
容易な事ではありません。

 

 

 

ただし市場では流通量、メンテナンスの良し悪し、走行距離、年式、傷の有無、
エンジンの状態などでポイントを付けて評価して価格を出している
ので、
自分のバイクのそれぞれの状態によって市場での評価が高いか低いかを
判断するのは不可能ではないでしょう。

 

 

 

>>>バイク査定で売却するときのバイク保険についての関わり