バイク査定

ローンが残っているバイクを査定・売却するときの注意点

 

バイク査定とローン

 

ローンが残っているバイクでもローンを完済すれば売却可能になりますが、
そのために査定・売却をする時は未払い分のローンと査定価格を
照らし合わせる必要があります。

 

 

 

例えばローンが50万円残っていて売却価格が100万円だとしたら、売却価格から
50万円をローン支払いにあててローン完済出来ますから、こういう風にローン完済
を達成すればローンが残っているバイクでも売却可能ですし、ローンを返しても
まだ手元に50万円残るのでとても効率的な売却と言えます。

 

 

 

しかし査定価格が30万円だったら売却価格の30万円をローンにあてても支払いは
20万円残りますから、この場合はバイクの売却がとても難しくなるはずです。

 

ローンが残ってるバイクを売るのは

 

つまりローンが残っているバイクを売るためにはローンを完済すれば良い訳なので、
今回の例で売却価格が30万円だとしても、バイクを売って得た軍資金30万円を
確保して残りの20万円を貯金から捻出して50万円のローンを完済出来れば、
例え査定価格がローンの残りの支払い分を下回っても当然売却は出来ます。

 

 

 

しかしバイクを売って手に入れたお金と貯金を合わせても今すぐローンの完済が
出来なければもちろん売却は出来ないので、要するにローンと査定価格を
照らしあわせ、得るお金でローンを返せるかどうか十分に考慮しましょうという事です。

 

 

どうしてもバイクを売りたいと思ってもローン完済という条件を満たさないと買い取り
契約を結ぶのは難しい訳ですから、とにかく注意すべき点はローンを支払える
売却価格になるかどうか、
という問題が全てでしょう。

 

 

 

>>>車検が切れていたらバイク査定は辞めたほうが良い?