バイク査定

バイク査定前に整備しておきたい箇所は?

 

バイク査定前の整備

 

バイク査定の前に準備しておきたい箇所を知る前に、まずバイクを買い取る
お店がバイクを売りだす前にどんなメンテナンスをしているのか
知っておくと良いでしょう。

 

 

 

基本的にはバイクに傷やへこみがあればそれは間違いなくメンテナンスしますし、
実際にバイクを売り出す時はピカピカの状態にするはずです。

 

 

 

だからバイクの傷などは自分で修理すると悪化させてしまう可能性もあるので
放置しておくのがベストで、
しかし洗車はお店がやってくれるとは言え
これは自分でも十分出来る事ですし、ピカピカのバイクを見て査定してもらった
方が印象が良く査定価格が上がる事もあるので、洗車はなるべくやってから
売りに出した方が良いです。

 

 

細かい箇所では純正パーツを揃える事、もしカスタマイズしているならそれに使った
アクセサリーも揃えておく事で、これを準備して査定に出すのと出さないとでは
査定価格にかなりの差が出ます。

 

 

 

他には車体番号が刻印されているフレームのネックを綺麗にしておくのも重要で、
ここを綺麗にしておくと車体番号が読み取りやすく、これもまた査定の印象を
良くする事に繋がります。

 

 

 

後はタイヤも綺麗にしておくと査定価格がかなり高くなる事があり、逆にタイヤが汚くて
すり減っているとそれだけでなかなか相場通りの価格で
買い取ってもらえない事が多いです。

 

査定時によく見られる箇所

 

査定の時に良く見られる箇所は車体番号が書かれている箇所、タイヤ、パーツの有無、
そしてオイルチェックをするためのフィラーキャップの裏、他にもエンジンの状態は
特に注意して見られる点です。

 

 

 

もちろん査定する際は全ての箇所をくまなく見られるでしょうが、今回挙げたポイントは
本当に良く見られなおかつ査定価格の上下に影響する箇所なので、
最低限今回説明した箇所は最良の状態にしてから査定に出した方が得策です。

 

 

 

>>>ローンが残っているバイクを査定・売却するときの注意点