バイク査定

バイク査定をされるときの価格交渉のポイント

 

バイク査定の価格交渉

 

バイクの査定をしてもらう時の価格交渉のポイントとしては、
まず相手が提示した価格に即答しない事です。

 

 

 

相手も商売でやっている事ですからお店の利益を損なうような価格は提示しませんし、
まずは相場通りの価格を提示するのが当然だし、バナナの叩き売りのような
破格の買い取り価格はまず提示しません。

 

 

 

だから価格交渉する時は査定価格にすぐ頷かず、どうしてこの価格になったのか?
 という質問をしたり、もっと価格が上がるはずだと主張出来るポイントを挙げて
価格を引き上げるのが基本です。

 

 

 

バイクの傷などはどうしようもないかもしれませんし、そのバイクの在庫が多いなら
その点もやはり覆すのは難しい事ですが、年式や走行距離など現段階のスペックの
良し悪しなどのポイントを攻めれば価格交渉を有利に進められる事はあります。

 

複数の見積もり

 

また、複数のお店に見積もりを出してもらい、他の店の方が高かった事実が
あるならそれを伝える、というコツもなかなか効果的です。

 

 

 

ちょっと図々しいやり方に思えるかもしれませんが、物の売買という問題では
相手だけではなくバイクを売る側だってある意味ビジネスみたいなものですから、
価格交渉する事自体は何も悪い事ではないので、査定価格に納得
いかなかったらとことん相手に意見を言ってみましょう。

 

 

特に効果的な価格交渉のポイントはやはり他店との比較で、他の店の方が
高い見積もりを出してもらったという事を言われると、相手も他店の査定に
負ける訳にはいかないので頑張って値引きをしようとします。

 

 

 

このコツは家電量販店などどんなジャンルの買い物でも同じ事ですが、やっぱり
買い取りをしているお店が一番気にしているのは他店との競争なのでしょう。

 

 

 

>>>バイク査定前に整備しておきたい箇所は?